2013/08/06

AndroidでPutty形式の秘密鍵をOpenSSH形式に変換する件

結局sourceforgeのコンソール上で、
PuttyのUnixソースからputtygenのコマンドラインをコンパイルしてコマンドラインで変換。
SFTPでファイルをやりとりです。

そんな頻繁にやらないですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/27

DIGNO DUAL 2 (WX10K) でsourceforge.jpに接続

せっかくそれなりの機種になったので、
sourceforgeにでも繋いでみようかと。
事前にPCからとかで繋いでる実績のあ
AndroidでSsh接続しようと思ったら
ConnectBotの一択の模様。
Windows機でPutty形式の秘密鍵証明書を、
OpenSSH形式に変換しておかないとConnectBotではダメみたい。
Linuxなら変換するコマンドありそうですがAndroidアプリにはないのよね。
自作しようかな。

ConnectBotで証明書読み込んでおいて、サーバーには

sourceforgeのユーザid@shells.sourceforge.jp

でつなぎます。
記号と英字を打つのに標準のiWnnだとつらいので
日本語フルキーボード for tabletってアプリつかいます。
前の画面だと大分辛かったですが、4.7インチだとまずまず。
でもUSBホストがないので、外付けキーボードつけられず、Bluetoothキーボードないとつらいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/08

F5 の Big-ip trial のライセンス取得ではまる

仕事で
BIG-IP LTM Virtual Edition
http://www.f5networks.co.jp/product/trial.html

のライセンス取得しようと思い、ログインして、
ライセンス取得画面まで行って、
Generate Registration Key
ボタン押して
Email Registration Key(s)
押すもエラーに。

どうにもダメなので諦めて自宅でやってみるとできました。
よくある画像の文字を入れさせる認証が会社のフィルタで弾かれてたみたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/28

Android とPutty

Android にPutty は無いらしいです。
Sshができるツールはありそうですが、
Puttyでssh -t ... createを発行しないいと、
某sourceforgeには接続できないのでこまりもの。

もうちょっとさがすかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/03

Subversionでファイル単位にチェックアウト出来た。

Subversion で ファイル単位に、チェックアウトする方法を探しておりました。
1.6系なら出来るとの噂を元に具具ってみるも解決策見いだせず。
svnのヘルプをみてようやく解決。
基本はフォルダ単位での管理になるのでそこを踏まえた考え方が(運用)が必要のようです。

やり方としては、
1.対象のフォルダを空っぽでチェックアウト
svn co --depth=empty 対象ポリリポジトリパス
2.対象のファイルを更新で個別にもってくる
svn up --depth=files 対象ファイル名[ 対象ファイル...]
TortoiseSVNで見ても、ちゃんと緑のチェックマークが付きますし、フォルダで更新をかけても他のファイルがコピーされることもないようです。

TortoiseSVNだと空っぽのフォルダチェックアウトまではできる(チェックアウトのときのチェックアウトする深さをこの項目のみにする)んだけど、対象ファイルのみ更新でもってくる方法があやしい。
ヘルプをみる限りではリポジトリブラウザでできそうなことはかいてあり、該当フォルダ内でリポジトリブラウザ起動してチェックアウトしたいファイルを右クリックすると、
「項目を特定リビジョンへ更新」メニューが表示されるので、更新の深さをこの項目のみとかにすると個別に更新したのと同じ状況になります。

もうすこし調べる必要ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

ユースケースについて

最近システム開発に携わっている人は、少なからず”ユースケース”という言葉を聴くかと思いますが、私自身はユースケースについて、いまひとつ馴染めていません。
システムの仕様を書くわけでもなくロジックを書くわけでもなく、あくまで”ケース”を書くこの道具は、どこまでアクチャルに、どこまで抽象的に書くべきなのか、どうもよく消化できません。

そんな中、読んだ本が以下の2冊です。
ユースケース入門 - ユーザマニュアルからプログラムを作る -

そのサブタイトルが買う気をなくさせてしまうような本ですが、、、

ユースケース実践ガイド -効果的なユースケースの書き方-

その筋では有名なウルシステムズさんの監訳本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モデラーとしての参考書

UMTPで紹介した本以外で手元にあるものを。

UML/MDAのためのオブジェクト制約言語OCL 第2版

OCLの問題が出るのでOCL本を求めていたときに見つけた本です。

Java言語で学ぶデザインパターン入門

デザインパターンといえば、本家の本よりこちらの本のほうが有名かも・・・


パターンモデリングガイド - ビジネスパターンのためのUML -

GoFパターンの理解を深めるための1冊。


UMLモデリング入門 本質をとらえるシステム思考とモデリング心理学

買おうかどうか迷った挙句に買ってしまいましたが、入門書としては読みやすいと思いました。


UMLモデリングレッスン 21の基本パターンでわかる要求モデルの作り方

モデリングを実践する場が少ない私にとってはよい本でした。


モデルとプロセスをめぐる冒険

UML本ではなくデータモデリングの本ですが、よい本だと思います。


実践的データモデリング入門

こちらも、UML本ではありませんが、参考になった本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/21

Trac月とSubversion

このブログの話題としては異質ですがとりあえず開発系の話題をば。
Tracってバグトラッキングシステムがありまして、バグトラッキングシステムってのは、バグの案件を管理するシステムだったりします。
んで、それをインストールするんですが自力でやろうとすると結構大変なので、その面倒なのをいっぺんにやってくれるのが「Trac月」ってパッケージなんですよね。
しばらくサーバーが休止してたんですが、このたびsourceforgeで復活されました。
開発マシンにそいつをいれてですね、いざ既存でSubversionですでに作成されているリポジトリを入れ込もうとしたらうまくいかんのですよ。
subversionのコマンドでloadしてるとだめなので、Trac月の中のcreate-project.batの中身をみまして、リポジトリ作成するところをコメントにしてSubversionが存在しているとエラーにしているif文を存在してなかったらエラーにしてうごかしたらうまく取り込めました。
create-project.batをinport-project.batってのを作ってみましたです。

と、分からない人には何のことだかわからない書き込みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)